日本法歯科医学会

日本法歯科医学会

事業目的

  本学会は、「歯科医学を基礎とした法医学及び医事法学の研究と知識の向上をはかり、もって社会に寄与する」ことを目的としています。

理事長ご挨拶

   日本法歯科医学会は2007年に設立され、当時最初の目標が「歯科医師の鑑定人としての立場を明確にすること」でした。長きに渡りボランティア活動とされていた、歯科医師の歯科所見による身元特定作業に対し、「歯牙鑑定謝金」が制定され、ようやく鑑定人として歯科医師が認められました。さらに、法律でも死因究明と身元確認に関して「警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律」、「死因究明等の推進に関する法律」が施行され歯科医師の立場が明確に示されました。一方、歯学教育モデル・コア・カリキュラム・歯科医師国家試験出題基準に歯科法医学領域の項目が収載されるなど、歯科法医学の学術的、社会的意義はますます大きくなっています。

 第15回学術大会は7月31日に京都で開催されます。

 本学会の特徴は、さまざまな世代の臨床歯科医師、大学や研究所等各分野の権威さらに次代を担う若手研究者にいたるまで、幅広い年齢層の会員で構成されていることです。

 学術大会および学会の委員会活動が、あらゆる分野のあらゆる年代が、互いに理解を深め連携を強めていく場として機能し、「歯科医と法律」「歯科医療安全」そして「警察歯科活動」の真髄について会員が語り合うことで、新しい歯科法医学を広く社会に発信していくことができると考えています。

 コロナ禍であり、学会活動も制限される中で、開催に向けて、京都府立医科大学 教授 池谷 博大会長の指揮のもとに着々と準備が進められています。 会員の皆様には、夏の京都で、どのような形になるか流動的ですが、お目にかかれますことを心より願っております。

 令和3年4月1日
  日本法歯科医学会 理事長
神奈川歯科大学歯学部 社会歯科学系法医学講座 歯科法医学分野 教授
山田 良広

理事会

7期(暫定)役員(第6期からの継続)
役職名氏 名所 属
理事長山田 良広神奈川歯科大学歯学部 社会歯科学系法医学講座 歯科法医学分野
副理事長櫻田 宏一東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 法歯学分野
理 事池谷 博京都府立医科大学大学院 医学研究科法医学教室
理 事伊澤 光昭和大学歯学部口腔衛生学部門 歯科法医学
理 事大谷 真紀秋田大学大学院医学系研究科 法医科学講座
理 事熊谷 章子岩手医科大学法科学講座法歯学 災害口腔医学分野
理 事小室 歳信日本大学歯学部 法医学講座
理 事斉藤 久子千葉大学大学院医学研究院 法医学教室
理 事坂 英樹明海大学歯学部病態診断治療学講座 歯科法医学分野
理 事佐藤 慶太鶴見大学歯学部 法医歯学教室
理 事髙橋 雅典東邦大学医学部 法医学講座
理 事𡈽田 康夫法医歯科学技工懇話会
理 事都築 民幸日本歯科大学生命歯学部 歯科法医学講座
理 事中留 真人鳥取大学医学部 法医学分野
理 事花岡 洋一北海道医療大学歯学部
理 事福井 謙二東京慈恵会医科大学大学院 法医学講座
理 事蓮池 芳浩日本歯科医師会
監 事今井 忠之長崎県警察嘱託歯科医会
監 事水口 清東海大学 医学部